心の闇を取り除く看護師の人との付き合い方

メニュー一覧

特集コンテンツ

人との付き合い方を変える

人との付き合い方を変える

気にせず仕事に専念できれば言うことなしですが、実際は苦手な相手のことが気になってしまう人がほとんどでしょう。ではどうすればよいのでしょうか?これに関してはいくつか方法があります。苦手な人と関係を壊さずに付き合っていきたい時は次のような方法を試してみるとよいでしょう。

仕事に専念する

まずは自分のやるべき仕事を確実にこなし業務の振り返りに力を入れましょう。手が空いてしまうとつい気になってしまうので、できるだけ勤務中は仕事のことだけを考える状況をつくることが大事です。ナースステーションなど看護師同士が集まる場にはできるだけ戻らず、率先してナースコールをとるなど積極的に仕事に取り組むようにしましょう。また自分から仕事を見つけて行動したり勉強したり、レポートの作成に取り組んだりとできるだけ話しかけやすいタイミングをつくらない状況をつくるのも良いかもしれません。
このような方法であれば仕事に専念できる環境をつくれますし苦手な人とも仕事以外のコミュニケーションを取る必要はありません。

割り切る気持ち

看護師の現場は大半が女性です。女性は男性よりも人間関係のこじれが多いですし、どこの職場であっても苦手な人はいるものです。また自分が苦手意識をもつには何か理由があるはずです。例えば、現場でのミスに対して厳しい指摘を受けたことや、普段から職場の雰囲気を壊す冷たい印象がある、他の看護師の愚痴を言っていた、など苦手意識につながった行動や言動があるはずです。仕事をする上で苦手意識をもってしまうと業務に支障がでる可能性もあります。
どのように割り切るかが大切になります。このような場合は仕事だと思って割り切る気持ちを持ちましょう。特に夜勤などで苦手な看護師と二人きりになってしまうこともあるので相手のことを知るために話を聞いてみたり、自分のことを話してみたり、自分から打ち解ける会話を振ってみましょう。看護士同士、職場で抱える心の闇や業務課題など共通している部分など打ち解けるきっかけになるかもしれません。同じ職場で働くのに互いのことを理解し合う気持ちは必要不可欠です。

良い距離感を持つ

先ほど述べた2つの方法でも解決できないこともあるでしょう。その時は無理に関係を縮めることはせず良い距離感でいるのがよいでしょう。必要最低限のコミュニケーションで無駄なやりとりはしないことです。そのためには自分の行動にも気をつけなければなりません。業務やその他のことを指摘されないように自分の仕事は確実に行い、苦手意識があっても明るく振る舞うことが大切です。まずは自分自身の行動を気をつけていれば自然と相手との関係性も変わってくるものです。

もう駄目だ・・・と思ったら

  • 深刻なら転職も考えよう

    転職サービスでストレスの少ない職場へ

    今の環境でストレス改善が難しければ転職サービスの活用をおすすめします。転職サイトに掲載されている情報の中からもしかしたらあなたの知らない労働環境や、あなたが本来希望している働き方を実現することができる環境が見つかるかもしれません。現状を変える一つの手段として利用してみるのもよいでしょう。一人で見つけられない希望条件もコンサルタントのサポートが受けられる転職サイトで実現に近づきます。

  • 心の闇を取り除くには

    人との付き合い方を変える

    看護師の職場では人間関係の問題はつきものです。同じ職場にもしかしたら苦手な看護師がいるかもしれません。ですがチームワークの問われる職場なため逃げずに上手に付き合っていくスキルが求められます。時には距離を置くことも大切になったりと人間関係は難しいものですが、人との付き合い方を上手く取り入れればきっとあなたが抱えるストレスも少しは回復するかも知れません。

  • 心の闇が引き起こす「うつ病」

    カウンセリングの効果

    うつ病は自分の気持ちだけで解決する病気ではありません。ですので専門のカウンセラーの力を借りて少しずつうつ病を克服していきましょう。効果的な治療で元の状態まで回復することも充分可能です。ここではうつ病に効果的なカウンセリングについて詳しい内容についてお伝えしています。また、おすすめのクリニックとして「ひびきメンタルクリニック」と「田町メンタルクリニック」をご紹介しています。