うつ病を発症しやすい看護師の特徴

メニュー一覧

特集コンテンツ

発症しやすい看護師のタイプ

発症しやすい看護師のタイプ

看護師はどうしてうつ病の発症率が圧倒的に高いのでしょうか。一番の原因はやはり医療現場ならではの過酷な労働環境による過労でしょう。うつ病を発症しやすい看護師には共通点があり、この中には自分自身で改善へ近づけることもできるものもあります。うつ病の治療を始める前に病気の原因を知り自己改革をしましょう。

過労による原因が一番多い

看護師は毎日いろんな症状を抱えた患者さんを相手したり時には緊急で運ばれてくる患者さんを24時間体制で看護しなければならないため、緊張状態から開放される時間がとても少ないのです。また最近では医療現場における看護師の人材不足が問題視されており、一人あたりが担当する患者数が以前と比べて増えてきているのです。そのため看護師それぞれにかかる責任も大きくなっており、それが長時間勤務につながったり更には少ない人数で夜勤なども担当しなければならないため精神面と体力面ともに疲れてしまう看護師が多くいるのです。
また業務のみならず同じ職場で働く看護師同士の人間関係に悩む人も多いようです。看護師同士や患者さんとの相性が合わないなど、医療現場では様々なストレスを抱えている看護師が後をたちません。その結果気の張った状態が長期に渡って続いたり、不規則な生活リズムが原因でストレスを溜込んでうつ病へと発展する看護師が増えるという負のスパイラルができてしまいます。人はある程度のストレスには耐えられますが、それ以上の負荷がかかってしまうと、精神的症状がでたり、体調を崩したりとからだに影響を及ぼしてしまうのです。

ストレスの原因を知る

うつ病の一番の解決策はストレスを完全になくすことですが看護師の仕事を続けながら解決することはとても難しいのが現実です。ですのでまずは自分にとって何がストレスになっているのかを把握することから始めましょう。ストレスを完全に取り除くことは難しいですがひとつひとつ減らしていくことは可能です。自分自身のことを理解するという意味でもストレスになっている原因を知りましょう。そして相談できる人等がいれば相談するなどしてストレスを解放する場所を見つけていきましょう。
例えば、業務内容のことで悩んでいるのであれば先輩や同期に相談してみたりアドバイスを貰ったりする。仕事以外の悩みであれば信頼できる同僚や職場以外の友人、あるいは家族に打ち明けるなど自分の理解者をつくることはとても大事です。うつ病は心の闇を自分だけで抱え込んでしまうことが原因なので、自分の中で悩み続けていると知らないうちにうつ病にかかっている可能性もあるのです。そうならないためにも、無理して頑張り過ぎないように、気持ちがしんどい時は一度休んでまた頑張ろうという心に余裕をもつことが大切です。

もう駄目だ・・・と思ったら

  • 深刻なら転職も考えよう

    転職サービスでストレスの少ない職場へ

    今の環境でストレス改善が難しければ転職サービスの活用をおすすめします。転職サイトに掲載されている情報の中からもしかしたらあなたの知らない労働環境や、あなたが本来希望している働き方を実現することができる環境が見つかるかもしれません。現状を変える一つの手段として利用してみるのもよいでしょう。一人で見つけられない希望条件もコンサルタントのサポートが受けられる転職サイトで実現に近づきます。

  • 心の闇を取り除くには

    人との付き合い方を変える

    看護師の職場では人間関係の問題はつきものです。同じ職場にもしかしたら苦手な看護師がいるかもしれません。ですがチームワークの問われる職場なため逃げずに上手に付き合っていくスキルが求められます。時には距離を置くことも大切になったりと人間関係は難しいものですが、人との付き合い方を上手く取り入れればきっとあなたが抱えるストレスも少しは回復するかも知れません。

  • 心の闇が引き起こす「うつ病」

    カウンセリングの効果

    うつ病は自分の気持ちだけで解決する病気ではありません。ですので専門のカウンセラーの力を借りて少しずつうつ病を克服していきましょう。効果的な治療で元の状態まで回復することも充分可能です。ここではうつ病に効果的なカウンセリングについて詳しい内容についてお伝えしています。また、おすすめのクリニックとして「ひびきメンタルクリニック」と「田町メンタルクリニック」をご紹介しています。